読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wxWidgetsによる開発環境準備

arch linux programming c++

GUIアプリ作りたい
C++書きたい
クロスプラットフォームがいい
というわけで、今回はwxWidgets導入編です。
そのうちQt編もやるかもしれません。

とりあえずwxWidgetsのソースファイルを落としてきました。
http://www.wxwindows.org/
にて、wxGTK-2.8.10.tar.gz (この記事を執筆した時点での最新の安定版)をダウンロード。

$tar zxvf wxGTK-2.8.10.tar.gz
$cd wxGTK-2.8.10
$./configure
$make

と、ここで

error: using typedef-name 'GSocket' after 'class'

(・3・)アルェー?

こんな時はとりあえずGoogle先生
どうやら既知の問題らしく、glib 2.21を使用していると発生するとのことです。

参考
http://bkclass.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/11/ubuntu_910wxgtk.html
http://d.hatena.ne.jp/ottu/20091127/1259339204

上記リンク先に習い、ソースコードの修正をしました。
src/gtk/gsockgtk.cppに、マクロを2行追加。

#include "wx/wxprec.h"

#if wxUSE_SOCKETS

#include
#include
#include

#define GSocket GlibGSocket // この行を追加
#include
#include
#undef GSocket // この行も追加

#include "wx/gsocket.h"
#include "wx/unix/gsockunx.h"

今度こそ!

$make

はい、成功。

さてこの様にソースからパッケージを入れた場合ですが、管理が面倒になるのでpacoを使ってみました。
make installで入れるパッケージの管理ツールです。
aptやrpmやdpkgやyumやpacmanに一歩近づきます。

参考
http://d.hatena.ne.jp/rx7/20081011/p2

#yaourt -S paco

にてpaco導入。

そして、wxGTKをmakeしたディレクトリにて

#paco -D make install

これでひとまず完了。