読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arch Linux設定 (3)

arch linux

音を出す(ALSA)

#pacman alsa-lib alsa-utils

にてALSA関連のパッケージを導入し、

#alsaconf

で、ウィザードに従って設定。

次に、起動時にALSAが有効になるように、/etc/rc.confのDAEMONSの中に alsa を追加。

これでいいかな、と思ったんですが、rootで実効したアプリケーションでないと音がでない…。

どうやら、パーミションの設定が必要だったようです。

#gpasswd -a USERNAME audio

にて普段のログインユーザをaudioグループに追加しました。

再ログインしたとろころ、まともに音が出るようになりました。

どうでもいいんですが、Youtubeってこういう時の音周りのチェックに使うと便利だなあと。

ところで
http://wiki.archlinux.org/index.php/Advanced_Linux_Sound_Architecture
を見たところ、ALSAの設定関連でかなり色々と書かれてますね。
とりあえずは必要ないのでおいておきますけど。

キーマップの変更

定番の、CapsLockのCtrl化です。
右CtrlとCapsLockをswapすることにしました。
左Ctrlとswapしてしまうと、リモートログインやVMでWindowsを使った時にコピペがやりづらくて不便なので。
Xkeymacsも入れてますが、フル使用なのもキツいですし。

で、肝心の設定ですが、そこら中に落ちてはいると思いますけど~/.Xmodmapに

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_R
keysym Control_R = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_R
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_R

と記述し、とりあえず有効化します。

$xmodmap ~/.Xmodmap

ふう、楽になった。
さらにログイン時に自動で有効にするために、.xinitrcに↑のコマンドを追記して置きます。